宅建受験の効率的な学習法

何か資格を取りたい、と考えている人にお勧めなのが宅建です。学習のし易さが最大のポイントです。

宅建受験の効率的な学習法

学習し易い資格の代表といえば宅建

就職難が続いている昨今、資格の取得を目指す人が増えています。中でも安定的に人気が高いのが宅建の資格です。正式名称は宅地建物取引主任者といい、受験資格も無く合格率も比較的高い国家資格なため毎年20万人近くが受験します。合格基準は総得点で7割強が目安で、足切りや科目毎の最低点数といったものも無いため学習がし易いもの人気の要因と思われます。
一般的な学習方法としては資格学校などでの講座受講がありますが、市販の参考書を基にした独学でも十分合格は可能な資格です。法律系の資格になるので、暗記することが非常に多くなり、専門用語や法律系独特の言い回しなどにも慣れておくことが大切となります。反面、テキストに記載してある内容を素直に覚えていくことで合格が可能な資格とも言えます。現実に、不動産業界や住宅業界で働いている人よりも、主婦や学生など先入観や予備知識の全くない人の方が合格し易いとも言われているのです。
宅建を持っていれば不動産業界や住宅業界だけでなく金融機関への就職にも有利になります。また、とっかかり易いレベルの資格でもあるので、宅建を取得した後から様々な資格へチャレンジするケースもよくあります。同じ不動産系なら不動産鑑定士、建物系ならマンション管理士、金融関連ならファイナンシャルプランナーといったようにご自身のキャリアアップの手始めに取り組むにはいい資格とも言えます。これから長期計画で何か資格を、と考えている人にはお勧めの資格です。

注目リンク