宅建受験の効率的な学習法

宅建の学習には暗記が不可欠です。しかし、膨大なる量の暗記は楽ではありません。どのような方法があるのでしょうか。

宅建受験の効率的な学習法

宅建の効率よい学習法

宅建といえば、宅地建物取引主任者免許の略ですが、この資格は高校生でも学習の努力次第では取れる、といわれています。しかし、努力しなければ絶対にとれません。では、その努力の方向はどういうものにすればいいのでしょうか。
宅建は、たいへん多くのことを覚えなければならないのです。そのうえ、暗記する内容には数字も多く、その数字も暗記しなければならないのです。よって暗記に重きを置くことが宅建勉強法の第一歩であるのです。では、いったいどうやって多くの情報量を暗記すればよいのでしょうか。その方法にはもちろんたくさんあり、人によってそれぞれですが、一番オーソドックスな方法は、何度も繰り返すことです。問題集はまず一つ。まず一つを完璧にこなせるように何度も何度もくりかえします。そうすることによって、最初は全然頭に入っていなかった内容も、覚えられるようになります。その一冊が終われば、別の問題集へ。そのあと別の問題集。大体三冊くらい終えたら最初の一冊に戻るのもいいと思います。そうすれば記憶がより確実になると思います。また、別の方法として、とにかく音読、という方法も挙げられます。大部分の人間にとって、暗記に最適な方法は、意味を理解しながらの音読、といわれています。つまり、ここはこういう意味、など頭で考えながら口からだし耳に入れるのがいい方法なのです。ただ、試験はあくまで筆記なので書いたほうが効率がいい場合もあるかとおもいます。