宅建受験の効率的な学習法

宅建の試験に合格するための学習のコツは、まず過去問を解くこと、そしてそれが納得できるまですることです。

宅建受験の効率的な学習法

宅建の学習のコツは過去問を解くこと。

宅建の資格を目指している方は、きっと宅建の資格を取得して、もっと活躍したいと思われているのではないかと思います。宅建業の会社ならば、新入社員でも不動産関連の仕事はできますが、もっと信頼されるには、さらに個人で不動産の仕事をするなら、宅地建物取引主任者の資格はぜひ取得したい資格です。どのような学習にも、その学習を効率よくするためのコツというものがあります。宅建の場合、過去問を繰り返し解くということが、そのコツといえそうです。私は、過去10年間、宅地建物取引主任者の試験に出題された過去問をコツコツ解くことから学習を始めました。
もちろん、過去10年間の間には、法律改正もありますから、その法改正に対応しているような問題集で、その問題の解説が丁寧な問題集を選びました。最初は、その問題が何を求めているのかわからず、また自分が何がわかっていないのかもわからない状態で、まさに暗中模索という状態のなか、それでも毎日コツコツと問題を解いているうちに、これはこういうことなのではないかということがだんだんわかってきました。それから、過去問を見てもそれが何を求めているのかということをすぐに理解することができるようになり、ずいぶん学習がスムーズになりました。知識が身に付くと、その知識を系統だって整理することもできるようになります。学習をするのなら、途中で諦めずそうだったのかと得心行くまでしてみることです。きっとああそうだったのかとわかる時が来ます。